カレンダー

<<2018/11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ユーティリティ_L

Counter

Total
1366496
Today
898
Yesterday
1030

Feed

エントリー

ありがとう


消防放水「命中を確信」 涙の隊長、家族に陳謝 ---[2011/03/20 05:06 asahi.com]

「非常に難しく危険な任務だった。国民の期待をある程度達成でき、充実感でほっとしている」――。東京電力福島第一原発の冷却作戦で、10時間以上の「連続放水」を成功させた東京消防庁の派遣隊員の一部が19日夜、帰京した。佐藤康雄総隊長(58)ら3人が東京都内で記者会見し、心境を語った。

会見したのは、災害救助のスペシャリストである「ハイパーレスキュー」の冨岡豊彦隊長(47)と高山幸夫隊長(54)。

冨岡隊長は「大変だったことは」と問われると、「隊員です」と言って10秒ほど沈黙。涙を浮かべ、声を震わせながら、「隊員は非常に士気が高く、みんな一生懸命やってくれた。残された家族ですね。本当に申し訳ない。この場を借りておわびとお礼を申し上げたい」と言った。

高山隊長は18日、職場から直接現地に向かった。妻に「安心して待っていて」とメールで伝えると、「信じて待っています」と返信があったという。

佐藤総隊長も妻にメールで出動を伝えた。「日本の救世主になってください」が返事だった。

高山隊長は今回の任務を「目に見えない敵との闘い」と振り返った。注意したのは放射線量。「隊員たちが常に測定しながら安全を確認し、アピールしてくれた。仲間のバックアップがあったから任務を達成できた」と話した。

会見では、作戦の具体的な中身も明かされた。

佐藤総隊長によると、派遣隊は本人が承諾した隊員から選抜された。

原発に入ったのは18日午後5時5分。作戦は当初、車から出ずに車両でホースを延ばす予定だった。8分で設置できる計算だった。だが、海岸付近はがれきだらけ。車が走れそうなルートだと2.6キロあり、ホースが足りない。

一度本部に戻り、安全な方法を再検討した上で午後11時半に原発に戻った。最終的には、途中まで車で延ばし、最後の約350メートルは隊員が車外に出て、巻いたホースを手で延ばし、取水のために海まで届かせた。

ポンプで吸い上げた海水を放つ「屈折放水塔車」を止めたのは、2号機と3号機の真ん中で建物まで約2メートルの至近距離。目標とした、使用済み核燃料が貯蔵された3号機のプールまでは50メートルだった。いつでも退避できるようにマイクロバスを用意し、「特殊災害対策車」も待機した。

放水現場の放射線量は毎時60ミリシーベルトだったが、放水後はゼロ近くに。「命中している」と確信したという。


貴方達はまさに救世主です。
「本人が承諾した隊員から選抜された」ということは、拒否もできたはず。
放射能漏れを起こしている原子力発電所へ行けと言われても、誰もが拒否したいはず。
「俺がやらなきゃ誰がやる」本当に頭が下がります。

ありがとう。

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

https://over-take.net/trackback/86

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限
投稿キー(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)

ユーティリティ_R

Twitter

Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Comments

Re:100日
2014/06/22 from take
Re:100日
2014/06/22 from かおる♂
Re:家族が増えました!
2014/03/15 from take
Re:家族が増えました!
2014/03/14 from かおる♂
Re:デジタル一眼。
2014/01/22 from take

Track Back

Re:血まみれ。。
2014/12/17 from take's style
Re:色替え思案。
2013/09/22 from take's style
Re:ナンパ。
2013/09/20 from take's style
Re:殺されかけた。。
2013/02/04 from take's style
Re:クラッシュ&リタイヤ
2012/08/29 from take's style