カレンダー

<<2018/04
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ユーティリティ_L

Counter

Total
1220569
Today
57
Yesterday
319

Feed

エントリー

国際標準

******以下、記事紹介******

自衛隊法、国際標準に転換 集団的自衛権行使は地理・国益で判断

産経新聞 8月17日(土)7時55分配信

 集団的自衛権行使容認に向けた有識者会議「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(安保法制懇、座長・柳井俊二元駐米大使)が今秋にもまとめる報告書で、自衛権についてポジティブ(できること)リストからネガティブ(できないこと)リストへの転換を提言することが16日、分かった。集団的自衛権の行使に関しては全面的に容認する一方、「地理」「国益」を尺度に一定の歯止めをかけることも提起する。

 法制懇の主要メンバーは、産経新聞の取材に「自衛隊法をポジリストからネガリストに改めることが不可欠だ」と明言。時々刻々と変転し、複合的に起きる危険性も高まっている事態に対処するには、集団的自衛権を含め事態の「類型化」は無意味で、「自衛隊の行動を細かく縛るべきではない」との認識も示した。

 「権利は有するが行使はできない」との解釈に立ってきた集団的自衛権の行使を容認した場合、政府は行使する事態や条件を規定する国家安全保障基本法を制定する。自衛隊の行動や権限を定めた自衛隊法の改正も必要で、主要メンバーの発言は同法改正を念頭に置いたものだ。

 現行の自衛隊法は、防衛・治安出動や海上警備行動など「事態」を明確に区分した上で「対応措置」を規定しており、自衛隊の行動も定めている。逆に規定していない行動は取れないことを意味する。

 法制懇メンバーはすでに、「ポジリストが自衛隊の行動を制約している元凶だ」との認識で一致。同法について「市民への加害」「捕虜虐待」など国際法で禁じられている行動以外は可能とするネガリストへの転換を提起する。

 さらに、集団的自衛権に関し、第1次安倍晋三内閣時に検討した「公海上の米艦防護」など4類型のような提言ではなく、「(権利が)あるかないかの判断」として「法理的な全面容認」を求める。

 ただ(1)サイバー攻撃対処(2)シーレーン(海上交通路)防衛(3)ミサイル防衛(4)共同訓練中の対処-など新たな脅威は法制懇に小委員会を設け対処のあり方を議論する。

 座長の柳井氏は今月4日のNHK番組で「地球の裏側まで行って関係ない国を助けるわけではない」と述べ、遠方での事態や日本の国益に直結しない事態では行使を控えるよう提言することを示唆。政府もこうした歯止めをかけ、行使容認に慎重な公明党の理解を得たい考えだ。

******ここまで記事紹介******

以前、北朝鮮のミサイルに対する破壊措置命令が解除された際に述べた件。

http://over-take.net/view/797

戦争はチェスや将棋ではないのだから、相手がルールや手順を遵守する保障など何もない。想定外の連続である。そんな時に、事態が起きてから議論をしていては、この国は守れないだろう。

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://over-take.net/trackback/934

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限
投稿キー(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)

ユーティリティ_R

Twitter

Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Comments

Re:100日
2014/06/22 from take
Re:100日
2014/06/22 from かおる♂
Re:家族が増えました!
2014/03/15 from take
Re:家族が増えました!
2014/03/14 from かおる♂
Re:デジタル一眼。
2014/01/22 from take

Track Back

Re:血まみれ。。
2014/12/17 from take's style
Re:色替え思案。
2013/09/22 from take's style
Re:ナンパ。
2013/09/20 from take's style
Re:殺されかけた。。
2013/02/04 from take's style
Re:クラッシュ&リタイヤ
2012/08/29 from take's style