カレンダー

<<2017/12
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ユーティリティ_L

Counter

Total
1123421
Today
158
Yesterday
351

Feed

エントリー

Daytona675 ユーザー車検

一時抹消してサーキット専用マシンにしていたDaytona675。

しかしそんなに頻繁にサーキットにも行けず、走るのが2ヶ月に1度とか、結構辛い。

というわけで、再度車検を取得することにした。

以下、次回に備えての備忘メモ的な何か(殴り書き)

 

今回の車検のポイントとしては・・・

  • サーキット走行時に保安部品の取り外しをできるだけ簡潔にする。
  • 日頃の整備はそれなりにちゃんとやってるので、とりあえず今回は「通すだけ」車検。
  • どうせ一人しか乗らないので定員1名に変更。

というわけで、ユーザー車検で行うことにしました。

車検に向けて行った整備は・・・

  • ポジションをウィンカー化しFウィンカーは取り外す。
  • フェンダーレスは外して保管しておいた間に錆が出てたので、新調&手軽に取り外しやすいよう配線取り回しを工夫。
  • サイレンサー純正戻しは面倒なので、Akrapovicのスリップオンのままで通せるか挑戦。

サイレンサーについて事前に検査場に電話問い合わせしたところ、

  • 加速騒音規制前の車両のため、バッフルはビス留めでもOK
  • e1仕様とはいえ実測の結果94dbを越えてたらアウト(これは純正サイレンサーでも一緒)
  • 触媒部分は変更していないのであれば、それがわかる「書面」を用意。

と言われる。

この「書面」は、別にメーカー等の発行する証明書でなくても、純正触媒の位置がわかり、それをそのまま使っていることが確認できれば良いとのことだったので、http://www.worldoftriumph.com/ ここのパーツ図と、Akrapovicサイレンサーに同梱されてた取り付け図を持参してみることに。

もしそれでダメなら当日中にどうこうできる可能性がなくなるため、とりあえず今日は予備検として受験し、合格したら後日自賠責に加入して登録する段取り。

午前中は仕事をして、11:30からの来客予定をこなしてから、昼飯抜きで検査場へ向かい、12:40検査場着。

午後の受験予約をしてあったため、12:45から受付。

OCRシート25円、検査手数料?が2000円。書類を揃えて検査ラインに並ぶ。

並んでる間に検査官が車両をチェック。

・・・金属の棒であちこち叩くのはやめてくれませんかね…(心の叫び)

 

検査官「ウィンカー白いです。これではダメです。」

…「電球色」は黄色ではなく白なのか。。

 

で、まぁ後で替えてもう一度見せりゃいいってことで、検査ラインを通過する。

が、そこに置いてある機器の使い方とか検査の手順とか、何の説明もない。

以前コータさんのユーザー車検を見学させて貰ったけど、そんな何年も前の事なんて覚えてないですしおすし。

とりあえず排ガス検査は分かった。合格。

その後、検査ライン脇にある機械を操作してヘッドライトの種類とか速度検知が前輪なのか後輪なのかとか、選択してから進むらしいんだけど、最初それを知らずに通過。。。

その結果、ブレーキ・・・×に。

速度計の検査も、なんかローラーが空転してて速度検出しないとか、よくわからない???状態で後ろに迷惑を掛ける。。

ヘッドライトも・・・・×。

で、とりあえずラインを出る。

その後、乗車定員を2→1に変更するため、バイク用ではないラインに入りなおして、チェックを受ける。

定員の変更だけなのに、なぜか車体寸法を測られる。

結果、全高が2cm高くなる。やった!背が伸びたよ!

(純正オプションのスクリーンの分だと思われる)

重量は前が90kg→100kg、後ろは90kgのままで、車両重量180kg→190kgに。空タンで来たほうがよかったのか…?

測定が終わった後、

検査官「このマフラーは純正ですか?」

と言われた気がするんだけど、周りが五月蠅くてよくわからなかったので、

自分「え?」

と聞き返す。

すると・・・

検査官「あ、まぁいいか」

・・・まぁいいか、って何だよ。どうでもいいことなのかよ!(心の叫び2)

検査官「ウィンカーですが、この位置だとダメ”かもしれない”」

検査官「確認するので少しお待ちください」

・・・4時までにヘッドライトとウィンカー(の電球)を直して受けたいから、待ってる時間ないんだけど・・・。

あーでもないこーでもない、と30分以上掛かって、

検査官「確認しておくので、先にヘッドライト直して来てください」

自分「光軸ならテスター屋行くし光量ならハロゲンに替える必要があるけど、どっちですか?」

ここで検査データを確認してもらうと、ブレーキもヘッドライトも検査未実施扱いになっていることが判明。

改めて検査ラインを通る。

ブレーキ・・・今度は○。

ヘッドライト・・・やっぱり×。

で、光量ではなく光軸だというので、とりあえずウィンカーの件は後回しにして目の前のテスター屋へ押していく。

1000円払って調整。

戻ると、ウィンカーについて複数の検査官で確認したいというので車両をお見せする。

どうやら、ポジションの位置にウィンカーを移設すると、ヘッドライトと同室内になるため、どうのこうのということらしい(よくわからない)

で、結局、

検査官「今回この場所でOKにしますが、ウィンカーは元の場所が理想だと思うので次回は戻してくださいね。今回通ったから次回も通るとは限りませんので。」

・・・法律で、「こうあるべき」と決まっているのであれば、それに合致すれば合格、ダメなら不合格になるべきでは?検査官の主観で合否が決まってしまうのはおかしいのでは・・・。

で、とりあえずハイエースにもう一度Daytona675を積んで、ナップスへ行きウィンカーバルブを調達。

検査場へとんぼ返りし、電球交換。

再度ラインへ入り、ヘッドライトをテスト・・・合格。

ウィンカー電球の色も検査官に確認してもらい、無事、予備検合格となりました。

全部終わって書類受け取ったのが15:55。

 

・・・あれ?マフラーの音量測定ってしないの?

純正触媒を使用していることが確認できる書面云々はどうなったの・・・?

点検記録簿見せろとかも一切言われなかったけど(後日、オフシーズンにお店に出すつもりなので、「(整備)前車検です」と答えるつもりだったのでそもそも点検記録簿は用意していなかったけども。

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://over-take.net/trackback/994

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限
投稿キー(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)

ユーティリティ_R

Twitter

Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Comments

Re:100日
2014/06/22 from take
Re:100日
2014/06/22 from かおる♂
Re:家族が増えました!
2014/03/15 from take
Re:家族が増えました!
2014/03/14 from かおる♂
Re:デジタル一眼。
2014/01/22 from take

Track Back

Re:血まみれ。。
2014/12/17 from take's style
Re:色替え思案。
2013/09/22 from take's style
Re:ナンパ。
2013/09/20 from take's style
Re:殺されかけた。。
2013/02/04 from take's style
Re:クラッシュ&リタイヤ
2012/08/29 from take's style